モコモコインクで実験! -モコモコVSホワイトー

こんにちは!スタッフ  です。

今回のSURULABは、-モコモコVSホワイトー をお送りします🔥

メキシコの骸骨風イラストを、布や紙に刷ってみました~

メメント モリ。。。




ホワイトインクとモコモコインクは、

暗い背景にもしっかり映える白色が特徴!





ホワイトかモコモコ、迷ったらどっちがいいの?




という疑問を、検証してみました。


まずはデータ作りから。。。

こちらが元の絵です。
(渾身の手書き...スキャンして少しきれいにしました。)↓


黒地真っ白な骸骨にしたかったので、

白インクをのせたい骸骨を黒くして、

中の線は白抜きにしました!↓





これで入稿データが完成です✔




製版するとこんな感じ。
さっき黒くしたところに穴が開いて、インクが通るようになっています。

モコモコインクやホワイトインクは
粘度の高いもってりしたインクなので、
メッシュ数の粗い70メッシュで製版しました。



70メッシュの場合は、更にクリーナー液で薬品洗浄して、通りやすくします!



光に透かすと、こんな感じで丸く拭いた跡がうっすら見えますね~。

ちなみに、クリーナー液は⚠強い薬品⚠なので、作業場ではスタッフが薬品洗浄してます。




はい、これで刷る準備は完了です!




まずはモコモコインクから。。。☁





パカッ👐


モコモコインクは、刷ってすぐは白がはっきり出ます!

が。。。





2-3分くらいで、色が消えていきます!

(左が紙、右が布です)

でもご安心あれ!


この後アイロンをかければ白くモコモコするので大丈夫ですよ~




アイロンでプレスします!

温度は150度くらいに設定してあります。




上からあて布も忘れずに。。。





20-30秒くらいプレスします🔥



あて布の下にうっすら白いのが見えます👀

上手くできてる予感!!



おっ!?




あ!!!


線がつぶれてる。。。泣



もこもこインクは発泡インクなので、

もこもこする分、線が太ります。


ホワイトインクで刷ったのと比べると、こんなに違いますよ~!



具体的に、どのくらい線が太るの?

と思いますよね!




おおよそ線の周囲0.5mmぐらい太くなることが分かりますね~


なので、原稿で白抜きをする場合は、

0.5mm~1mmくらい線を太くするとイメージ通りになりますよ!




新しく版を作り直して再度刷ってみました。


刷ってみると線が相変わらず太めですが、これをモコモコさせると。。。




ちょうどいい感じなります!!



ホワイトと比べるとこんな感じ。

線太めのホワイトもこれはこれでいいなーと思ったスタッフでした。笑





ミニトートも作ってみましたー💀

いかつめ。。。

このバッグはサンプルとしてお店に置くことにします笑

もこもこさわってみてくださいね~☁☁


まとめ

ホワイトの特徴:

ーマットな白が欲しい時にはホワイト!

ーモコモコより細かい線に向いている・製版の線がほぼそのまま再現される

ーモコモコのようにアイロンする必要無し・乾燥させればOK



モコモコの特徴:

ー立体感を出したいならモコモコ!

ーホワイトより白のマット感は劣る

ー細かい線の表現は苦手!
(線画の場合は0.5mm-1mm細め・白抜きの場合は抜きを0.5mm-1mm太めにすると良い)

ーアイロンする手間がかかる




モコモコインク、面白いので是非ためしてみてくださいね~✨

では次回もお楽しみに~~
































人気の投稿