Tシャツに「2色の鹿」を刷る!

こんにちは、スル太です!

今回のスルトコラボ(surulab)は
「ホルダーを使ってTシャツに2色の鹿を刷ってみたい!」を研究します!

ホルダーは机などに取り付け、シルクスクリーンのフレームを固定する道具です。
刷りたいものによってはホルダーが使えないものもありますが、
工夫次第で使用できるようになるかも?
※鹿は個人的に印刷したかっただけです!特に意味はありません。






まずは Tシャツと台紙を刷る枚数分用意します。


 台紙をカット。
マチ部分は段差ができてしまうので極力段差をなくすためにカットします。
生地は平らであればあるほど刷りやすい!


 カット!!


 台紙にスプレーのりを吹きかけます。かけすぎるとTシャツにねちゃねちゃが残るので手で触って少し粘着があるくらいにします。(スプレーのりが少なすぎると2色目にずれやすくなります。)


 台紙を入れます。


 首元もカットした方がよかったです、、
台紙は完成するまでずっとセットしておきます。
Tシャツなどやわらかい生地はインクの水分で生地が縮みます。
台紙をセットし続けることで生地のゆがみを防止します。
Tシャツ全てに台紙をセットしたら

製版する前に位置を確認しよう!
 印刷する絵柄をプリントアウトし、位置を決めます。
次に製版サイズを決めます。


 本来ならSサイズの製版でもオッケーな絵柄ですが、ホルダーを使うことを前提とするので、Sサイズではセットできない!!


 このあたりかなーとセットするとホルダーの下にTシャツが挟み込んでしまい、ホルダーを下せなくなります。フレームが生地から離れすぎると刷ってもインクが届きません。


 そんなときは一回り大きく製版!
ということでMサイズの製版で位置を確認!
Mサイズなら大丈夫そうです!!


 Tシャツもホルダーを邪魔しません。


 Mサイズで製版し、いよいよ印刷へ!
ちなみに絵柄は下のほうで製版しました。
(その方が位置合わせがやりやすそうだったため)


 版を張ったあと、ホルダーの微調整を行います。
Tシャツは薄いので高さ調整するために木の板を入れました。


位置合わせ! 


版は少しだけ浮いている状態なので、
版を指で押さえ、絵柄に密着させた状態で位置を確認します。


忘れてはいけない、位置合わせ!
首元、肩の位置をしっかりマスキングで位置取りをします。
Tシャツのサイズが複数ある場合はサイズごとにしっかりと位置合わせを印刷する前に行います。
Tシャツは表側にしわがなくても裏側にしわが残っている場合があるので、セットする際にしわが残っていないかチェックするのを忘れないようにしてください。


((1色目刷っちゃいました!写真を撮るのを忘れました、、、))
((同じ色を一気に刷り終わった後、しっかりと乾かします。))

1色目をすべて刷り終わったらいよいよ次は2色目です。
2色目に移る際もしっかりを位置合わせを行い、マスキングテープなどで位置取りをします。
次にOHPシートなど透明なフィルムをセットします。 


フィルムの上に刷ってみます。 今回はオレンジなので版の上から下地が見えますが、濃い色(ブラックやネイビーのインクなど)を一度刷ると下地が全く見えません。
フィルムに刷ることでどの位置に印刷されるかだいたいわかります。
※位置合わせに時間をかけすぎるとインクが乾き、版が目詰まりをおこします。
位置合わせも大事ですが、目詰まりしないように気をつけてください。
(職人さんに言われたことがあります。うまくなればそんなの(フィルム)ほんとは必要ない。)

フィルムを退かせて 


 刷る!!



 刷れましたー!
しっかり位置を合わせたつもりですが、ズレました!

ホワイトインクにのっているオレンジは発色が良く、Tシャツ生地にのっているオレンジは沈んでいるのがわかります。

まとめ

ホルダーは調整が必要
刷るものによって版のサイズを変えたり、
高さを調整する必要があります。
シルクスクリーンは準備がメイン!

多色刷りは必ずズレます
ズレによって表現が変わって面白くもなります。
ズレが気になる方はズレても大丈夫なデザインがおすすめです。
1点1点手刷りだからこそのズレを楽しんでくださいね!!

多色刷りはなかなか大変
Tシャツ10枚を作るなら、
1色刷りなら10回印刷、
2色刷りなら20回印刷、
体力(と忍耐)が必要です!

多色刷りはカワイイ!
(悪いことばかり書いている気がするので)
1色刷りも素敵ですが、2色使うことで印象がガラッと変わります。
表現の幅が広がりますよ!
ぜひ2色刷りにチャレンジしてみてくださいね。


SURIMACCA「ホルダーの使い方」
http://surimacca.com/howtoholder

SURUTOCO

人気の投稿